日焼けは健康的にみえるけど

日焼けが紫外線によって起こるということをご存知の方は多いと思います。肌の日焼けの要因になっている紫外線とは、どのようなもののことでしょう。紫外線とは、太陽光線のひとつであり、種類をA波、B波、C波に分けることができます。ガラス窓のような透明な物体では、紫外線A波を遮ることはできず、皮膚へと届きます。車内や室内にいても日焼けをしてしまうのは、A波と呼ばれる紫外線によるものと言えます。B波は、オゾン層や雲に若干遮られる紫外線あり、天気や季節によって日焼けのしやすさや程度が変わってくるのはこの紫外線が関係しています。C波はオゾン層を通過できないため地上まで到達することはまずありえないと考えてよいでしょう。窓ガラスを通り抜けてしまう紫外線A波は、肌の真皮層にまで到達して影響を及ぼすものですが、日焼け効果で考える場合は、B波ほど怖くありません。肌の日焼けのことを考えるのであれば、室内でも紫外線を浴びてしまうため、常に対策と取る必要のある紫外線です。肌の色が黒っぽくなることだけが、日焼けの効果ではありません。しみやくすみがふえて、たるみや肌老化の原因にもなってしまうものです。日焼けは、紫外線から肌を守るための体の機能として、メラニンを多く発生させて結果です。健康的に見える日焼けも、肌の美容面から見るとあまり好ましいものではないので、できれば紫外線を浴びないようにしたいものです。あわせて読むとおすすめなサイト>>>>>シミやくすみやシワから美白へ